» 第50回 高石杯関東地域自転車道路競争大会 平野宏明選手レポート

RACE RESULT & REPORTレース予定 & レポート

2016.02.20 第50回 高石杯関東地域自転車道路競争大会 平野宏明選手レポート

2/14 高石杯
開幕前の重要なレースであった高石杯に参加しました。
結果はDNF。。
01s
<予選>
去年のジャパンカップ以来のレースで緊張した。
予選はたったの4周(10km)しかなく、スタートからハイペース。
予選は3周目で千切れたけど、人数を見るとまだ25名には入っているみたい。
チームの河合さんと回しながら、後ろが追い付いてこないように注意しながらゴール。
なんとか予選突破した。
しかし、しょっぱい走りでこの時点で不安がいっぱい。
02s
<決勝>
スタート直後から良いペース。長い直線区間で前方に位置するべく上がるが、コーナー直後に中盤に下がる。
その次のコーナーでさらに位置を下げる。
気付けば最後尾近く。
ここで千切れれば確実に終わる。それは、前走者も同じ。
やっぱり似たようなところ走っている人はテクニックがないか、フィジカルが弱いかどっちかだと思う。
前が千切れる。自分の足を使ってなんとかブリッジする。
ホームストレートでも最後尾。
先頭はすごい勢いで引いて回しているんだろうな。
ただ、コーナー前では緩むのでなんとかそれまでには追い付く。
やっと追いついたと思ったらコーナー後の加速。。
集団前方で走っていないと脚を貯める区間がなくて、常にインターバルがかかって乳酸が抜けない。
2周目の加速でついていけなくて千切れてしまう。
この時点で単独なので、レース終了。
03s
あまりにもあっけなく終わってしまった。
いろいろ反省点がありますが、やはり位置取りが全てだと思う。
位置取りが悪ければフィジカルで有利でも食いつぶしてしまう。
これが一番の原因で理解しているんだけど、頭で分かっていても体はそのように動いてくれない。
位置をキープするために前に上がっても横からつぎつぎ被せられ、気づいたら最後尾に押し出されてしまう。
後だとコーナー立ち上がりで踏む時間が長いし、コーナーの減速も必要以上にかけなければならない。  
クリテでは後で走って何一つ良いことはない!
位置取りはセンスもあると思うけど、普段から走り方をもう少し意識していこう。
結果が悪くて落ち込んでるだけのやつと、悔しくて練習するやつで
これからの結果が大きく変わると思う。
きっちり反省して、練習して次のレースもがんばろう。
04s

仕様機材 、装備
フレーム:KhodaaBloom Farna PRO
ウエア:WaveOne
ヘルメット:オージーケーカブト MS-2
ソックス:RxL 武田レッグウェア TBK-500R
ケミカル類:WAKO’S

サポート
パシフィックスポーツプラザ
ツナカワサイクル
SUCCEED
ホンダテクノフォート
Ad One

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ

アドワン