» 3/17,18 JBCF 修善寺ロードレース

NEWSニュース

2018.03.20 3/17,18 JBCF 修善寺ロードレース

3/17、18に開催されたJプロツアー、修善寺ロードレース。
Honda栃木から7名の選手がエントリーし、結果は以下の通りです。

若い力が躍動!
予想通りの厳しいサバイバルレースになりましたがDay1, Day2共に平塚、阿部が見事完走。
平塚はDay1 16位で30ポイント獲得!
持ち前のフィジカルの強さを発揮してくれました。
惜しくもDNFだった野宮も完走まであと一歩。
修善寺がJPTデビューの佐川もDay2で追走集団に乗るなど次が楽しみな走りを見せてくれました。

次戦群馬も厳しい闘いになると思いますが、勢いのある若手中心に全員完走、上位入賞を目指します。
引き続き応援よろしくお願いします!!

【リザルト Day1】

◆JPT
16位 平塚 祐亮
27位 阿部 航大
DNF 野宮 一朗
DNF 佐川 祐太
DNF 水間 健
DNF 小林 宏志
DNF 小泉 亮一

◆JFT
14位 杉山 泰代

◆公式リザルト

【リザルト Day2】

◆JPT
22位 平塚 祐亮
26位 阿部 航大
DNF 野宮 一朗
DNF 佐川 祐太
DNF 小林 宏志
DNF 水間 健
DNF 小泉 亮一

◆JFT
DNF 杉山 泰代

◆公式リザルト

【コメント】
3.17-18 JPT第2戦 修善寺ロードレース
連日、チームトップの順位でゴールした平塚のレポートです!

自身2戦目となるJPTのレース。コースはきつい登りとテクニカルな下りの非常に厳しく難易度の高い設定。自分が2月半ばから重ねてきた登坂練習の成果が試されるレースでした。

Day1
10周80kmと比較的短めの距離設定。その分ペースも上がり、5周を終える頃にはかなりの人数が集団から脱落。そこから散発的なアタック、ペースアップが続きましたが、何とか食らいつき先頭集団で最終周回へ。しかしコース中盤の登りでズルズルと遅れ、シマノの追走グループに便乗するも下りで離されそのまま追いつくことができませんでした。最終的に1分差の16位でゴール。練習の成果でよく登れていましたが、勝負に絡むところまで到達していない事を痛感しました。

Day2
15周回120kmと前日の1 . 5倍の距離。辛い展開が予想されました。前半から18名のエスケープが発生。しかし、後方にいた為それに乗れず。反省。そのまま集団はブリッツェンなどのコントロールの下、追走の動きをみせないまま周回を重ね、5分差までタイムが開いた時、クラブチーム勢の追走集団が形成。そこに自分を含め佐川、野宮の3人も合流しローテを回すも各チームの思惑のズレからペースが上がらず、メイン集団に吸収。
その後はひたすら集団で耐える展開。そしてラスト2周回目の登りでメイン集団から千切れてしまいました。結果は22位完走でした。

今回の厳しいコースで自分の力をある程度発揮することができ、少し成長を感じられました。一方で、展開に絡むために必要な脚、テクニックなど、まだまだ足りない部分は、今後の課題として練習を積んで克服していきたいと思います。応援、ありがとうございました!

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

アスリチューン

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ