» 2018年 5/13(日) 第2回 JBCF 宇都宮ロードレース

NEWSニュース

2018.05.15 2018年 5/13(日) 第2回 JBCF 宇都宮ロードレース


2018年 5/13(日) に開催されたJプロツアー、第2回 JBCF 宇都宮ロードレースにHonda栃木から8名の選手がエントリーし、結果は以下の通りです。
前日のクリテリウムでは加速に悩まされ、不安いっぱいで臨んだものの、厳しい展開の中、完走を果たした佐川からコメントが届いています。

【リザルト】

◆JPT
39位  阿部 航大
40位  佐川 祐太
41位  平塚 祐亮
DNF   野宮 一朗
DNF   小林 宏志
DNF  水間 健
DNF  小泉 亮一
DNF  河合 貴明

◆JFT
DNS 杉山 泰代

◆公式リザルト

【佐川のコメント】

今期から加入しました。もじゃ(佐川)です。
宇都宮ロードレースは鶴カントリー倶楽部周辺特設コースを1周6.7㎞×14周回の計93.8㎞、昨年のコースとは逆回りで行われた。
HONDA 栃木の地元であり、ホームコースでもあるのでメンバー全員が気合いを入れて挑んだ。
今回、自分の目標は逃げに乗る事、逃げに乗れなくても最低限完走する事の二つとした。
当日の天気は雨。スタート時には止んでいたが中盤から本降りになり路面は完全にウェットになった。鶴カントリーの下りと数箇所ある直角コーナーはかなり慎重に走る事になった。
ローリングスタートの後はプロチームによるアタック合戦が繰り返された。最初はそれに上手く加わるべく様子を見ていたが、ハイペースな展開が続き集団に食らいつくので精一杯になった。
この時点で目標を完走に切り替える。後半に備えて水分補給とアスリチューンでのエネルギー補給を小まめに行うようにした。
周回を重ねていくに連れて集団は小さくなり気付くと後ろには数名しか選手が居なくなっていた。体力は消耗し脚は攣りかかっていた。上り区間はかなり苦しい状態で10周目に入り鶴カントリーの上りで集団から遅れてしまった。下り区間で集団から遅れた他の選手と何とか合流する事が出来たのでグルペットを作りなんとか完走する事が出来た。
最低限完走するという目標は達成する事が出来たが多くの課題が残った。次戦までは1ヶ月程あるので課題を克服出来るよう練習を積んでいきたいと思う。
応援、サポートありがとうございました!
次戦も頑張りますので応援宜しくお願いします!

bnr_khodaabloom
パシフィックスポーツプラザ
ウェイブワン
Kabuto
RxL
株式会社サクシード
ツナカワサイクル
株式会社ホンダテクノフォート
ワコーズ
Ad One

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

アスリチューン

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ