» 2016年JPT第1戦 宇都宮クリテリウム 石井祥平選手レポート

RACE RESULT & REPORTレース予定 & レポート

2016.03.31 2016年JPT第1戦 宇都宮クリテリウム 石井祥平選手レポート

2016年JPT開幕!!

待ちに待った日ではありますが、予選ありになり緊張。。
調整ではチームの方々から「pはスピードが大切だ」と聞いていて無酸素域で対応出来るインターバルを重ねました。また、紺野先輩には「pでは位置取りが出来ないと完走は出来ない」という教えを受けました。
上記の2つを意識して参戦。

目標:決勝に上がると共に幸先の良い内容に。

予選2組目
三列目位からスタート。
15kmの短期決戦。ここぞとばかりにペースが上がる?といった訳ではなかった。
いわゆる位置取り合戦。頑張って位置取りするもの気をぬくと1番後ろの繰り返し。
これではいけないと前で耐える。入賞圏内で最終周回へ。
しかし、uターンで前の選手のブレーキが長く、ジャックナイフしながらコーナーへ。
ポジションを落としてしまい立ち上がりをもがき終了。
上がったか決勝進出者が放送で述べられるのを不安になりながら聞いてると名前が述べられ一安心、
なんとか予選43位で通過。

01

予選終了後はRXLのTRG-800にて回復。
セレモニーで舞台に上がり、サインとかいう黒歴史を作りながら決勝への時間が消費していく。
スタートセレモニーに参加し、最前列で決勝へ。全日本でしか感じられない雰囲気を感じる。

決勝
号砲と共にリアルスタート。
1番前でアタックしてみる。決まらない、やめるけど変わってくれないので半周ほど引いて後ろに。
(始め引いてたのブリッツェンでもUKYOでもなくHonda栃木の石井!!(たかだか半周くらいで調子のるなww))

02
前半は30番手位で位置取りをしていたが、中盤以降は冷静になり、一度後ろでの位置取りで脚を溜める。
溜めていたが勝ち逃げが決まり、これは終わったなと個人的に思う。
集団にいるときキツイというよりも位置取りで疲れる感じでした。
ラスト5周位から攻めようかと思っていたが、腰が痛くて上がれず終了。

03

位置取りという面でまだまだ。大事な場で前で位置取り出来る選手は凄いなと思った。
目標である決勝へは脚を進められたが、内容はダメダメだった。
パワーは低い値だったしもっといけるとデータが現実を突きつける。
更にスピード練習を上げる為の練習が必要だと感じる。
予選決勝方式によるレースは必ず予選通過し、少しずつ勝負に絡めるようにレースを重ねたい。
ただただプロとの壁を感じたレースだった。

04

次戦はチャレンジロードなので去年の順位より更に良い順位を目指したい。
応援よろしくお願いします。

05

仕様機材 、装備
フレーム:KhodaaBloom Farna PRO
ウエア:WaveOne
ヘルメット:オージーケーカブト MS-2
ソックス:RxL 武田レッグウェア TBK-500R
ケミカル類:WAKO’S

サポート
パシフィックスポーツプラザ
ツナカワサイクル
SUCCEED
ホンダテクノフォート
Ad One

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ

アドワン