» 第一回広島クリテリウム リザルト

RACE RESULT & REPORTレース予定 & レポート

2018.07.04 第一回広島クリテリウム リザルト

広島クリテリウム

熾烈な加速競争を耐え抜き阿部が完走!
今年初開催の広島クリテは先日の那須塩原を彷彿とさせるT字形状のUターンダッシュ加速競争コース。
前日の雨から一転、晴れて気温が上がり、加速競争の厳しさに拍車をかけました。
チームからは前半のパイペースに耐え兼ね野宮、佐川が集団から遅れる。
レース中盤にはプロトンで粘っていた水間も遅れてしまいプロトンにはエース阿部一人。
その後3人の逃げが決まりペースは一時落ち着くものの、追走の動きが起こるたびに集団は棒状。
断続的に強度が上がり終始きつい状態が続きました。
そんな中プロトン後方で冷静に上位進出の機会をうかがっていたエース阿部ですが、残り5周で全走者の落車に巻き込まれて自身も落車。
幸いにも機材ピットにたどり着ける位置だったため1周回のニュートラル適用、バイク交換を行いレース復帰。
その後も冷静に走り完走しました。

リザルト
阿部 27位
水間 DNF
佐川 DNF
野宮 DNF

エース阿部のレポート
7/1 広島クリテリウム

初開催となった広島クリテリウム。(1.7km×30周)T字型のコースレイアウトに加えて、昨日よりも気温が高いため、厳しいレースが予想された。
レースがスタートすると逃げを決めたい選手を中心にペースが上がっていく。集団前方でなるべく脚を溜めたいところだが、ペースが速く、ポジションを上げることができない。
しばらくして3人の逃げが決まったが、ゴールが近づくにつれてタイム差が縮まり、レースは振り出しに。
ゴールに向けて緊張感が高まる中、最終コーナー付近でで落車が発生。加速中のタイミングだったこともあり、避けきれずに巻き込まれた。身体は無事だったが、バイクが損傷していたためバイク交換をして集団に復帰。慣れないポジションに戸惑いながらも集団から少し遅れてゴール。
大事な局面で、落車に巻き込まれてしまったことが悔やまれるが、落車が発生しやすい場所でレースを展開してしまったことを反省し、今後はレースで位置どりなど苦手なところを克服していきたい。
大雨と灼熱の広島2連戦でしたが、SNSなどでたくさんの応援をいただきました。ありがとうございました!

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

アスリチューン

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ