» 2016年10月9日 第9回 JBCF 輪島ロードレース(第50回経済産業大臣旗) 石井のレポート

RACE RESULT & REPORTレース予定 & レポート

2016.10.26 2016年10月9日 第9回 JBCF 輪島ロードレース(第50回経済産業大臣旗) 石井のレポート

経済大臣旗 DNF

輪島に向けてかなり急勾配への対策をして臨むことになったが結果はあまりにも悲しい結果であった。

自宅から輪島まで10時間程かけ朝着。
予報で一日中雨のようなので雨の中試走へ。(尚、午後から止んだ模様)

その後、チームと合流。
買い出し等し、宿へ着き、ベットに入った瞬間即寝。
起きたら出発時間近くだったが目覚めはよかった。
エリートの選手が居るのでjptチームでは最速会場入り。

レースまで6時間近くあり、ダラダラアップ出来るのでゆとりは出来た。
スタートはほぼ最前列でスタートラインへ。
パレードで位置取り(割り込み?)が激しく、あげく前の人が落車しそうになる。
少しポジションを落としてしまうものの再度、スタートラインに整列し号砲と共にスタート。
450w前後で1度目の上りを上って行く。
問題なくクリアはするもの、セカンドグループ。
下りを終え、メインでどうしても戦いたく先頭を長く引いてでも前を目指す。
経済大臣旗なので有力チームは上位3人が前で戦えば良いので有力チーム同士でマークしてるのがレース中感じ取られ、ポイント取るメンバー以外は後方待機、トラブルあったらブリッジという感じがバリバリ伝わってくる。
なので有力チームの選手は省エネ、ペース走に徹してるようで前を目指す動きはない。
下位jptチーム員は前に行きたい意思はあるが協調が取れずと言った感じ。

と思ってたら先頭に追いつき、集団は再度シャッフルされ、中盤にいたが再度アタックで先頭が出来き、踏み直して戦いに参戦出来ずだったが動きが上手く出来ず結局セカンドグループ止まり。
踏んで追いつく意思はみせるものの、上手く回らず前に行けない。
スタートから最初の補給までボトル1本でいけると思っていたが思いの外水を消費してしまい、石井の代名詞、水かけが出来ず(jbcfのテーマソングPVの真ん中位をご覧ください笑)1度目の補給までギリギリでこなす。

「JPT公式テーマソング」(石井の水かけがPVの真ん中、2分21秒付近に映っています)

問題の補給、ミスったことはないのであまり深くは考えて居なかった。
欲張って二本取りたく、そんなこと考えてらボトルゲージに入れミスって止まって二本貰うことに。
はてはて、ここから問題が普通に千切れたのでなんとか追いつくしかない。。
しっかし、ここまで精力的に引いてたので足がないのなんの。
ここで諦めて踏みやめれば良いものの、自分の位置がイマイチ分かっておらず後ろから集団が来ていることに気づかず踏み続けてしまう。
気づいた時には足も微妙な感じで集中力も切れ気味。
集中力が切れたが最後、スーパーバックファイア状態でサードグループからも千切れる。
後で知ったが、サードにちゃんと付いて入れば以後セカンドグループになり、完走も問題無かったようで自分の精神力のなさと気持ちの弱さに落胆した。

補給で全てを台無しにしたが、最初の感覚はとても良くきちんと戦える気はした。
自身はよかった反面、勝つためにもチーム力はとても必要だと感じた。

チームのサポート、沿道の方々の応援を無駄にする不甲斐ない走りで申し訳ない気持ちでいっぱいである。
次こそはメインで走れるようにメンタル的にもフィジカル的にも頑張りたいと思う。
次戦も応援よろしくお願いします。

仕様機材 、装備
フレーム:KhodaaBloom Farna PRO
ウエア:WaveOne
ヘルメット:オージーケーカブト KOOFU WG-1
ソックス:RxL 武田レッグウェア TBK-500R
ケミカル類:WAKO’S

サポート
パシフィックスポーツプラザ
ツナカワサイクル
SUCCEED
ホンダテクノフォート
Ad One

ishii_01

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ

アドワン