» 2016年9月11日(日)JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ 河合のレポート

RACE RESULT & REPORTレース予定 & レポート

2016.09.17 2016年9月11日(日)JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ 河合のレポート

コースは渡良瀬遊水池1周5kmを3周。
watarae
こんな感じのハート型の遊水池のひとかけ、3つに分かれたハートの左上部分の外周がコースです。

結果 22分48秒 54位
微妙な順位。。。
kawai
とりあえず言い訳を、(笑)
木曜日に福本コーチからTTバイクを借用、金曜日と土曜日は家族旅行兼親戚の結婚式、
土曜日の22:00頃帰宅してマシンのセットアップ。
睡眠時間少ないなか渡良瀬へ行き、すぐに試走兼初乗りとポジション出し。
と、先週末からバタバタ。

とはいえ、分かってた事なので言い訳せずにがんばって走る。(してますけどねw)
幸いな事にコーチから借用したバイク、ポジション的にもサドル高だけ調整して問題無しだったので助かった。

当日の天気は曇りのち雨予報だったが、曇り時々晴れでいいレース日和でした。
ただ、台風が過ぎた後からなのか?風が読みにくく走りにくかった。。。

作戦。
20分台のタイムトライアルなので序盤飛ばし過ぎないように、でも性格的に?前半から飛ばした方が良さそうなので程々に。
パワーメーターが無いので、心拍と感覚を意識する。

去年のミズが7′20″で回っていたのでそれをターゲットに。
入りはその辺目標で後半は出たなりに耐える感じで。

そんなこんなでスタート。
とりあえず40km/hまでは一気に上げて、そこから少し待って徐々に上げる。
前半区間は追い風+脚がフレッシュなのでそこそこ踏む。
心拍は180、うーん思ったよりも踏んでる感じ。とりあえずイーブンペースで向かい風区間と後半へ。

後半に入っても心拍下がらず、踏んじゃってる感じ、ケイデンスは高めの100位でいく。

1周目タイム 7′23″
狙い通りだけど、思った以上にキツく、このペースは維持できないと判断して2周は少し抑える事に。

2周目
追い風区間がイマイチ進まない、踏みすぎを気をつけて回す。心拍は未だ180。
とりあえず回して脚のいっぱい感を抑える。
苦しい。。が、フォームを意識して耐える。
後半の向かい風区間と微妙な上りはどうしても踏んでしまう。でも40km/hを割ってしまう。
ホームストレートでがんばって踏んでスピードを戻す。
『後1周8分弱。長いー』等と早く終わらないかなー?と考えながら3周目へ。

2周目タイム 7′40″程。

3周目
追い風が全然進まない、流石に心拍がキツくなったのでケイデンスを90位に下げる。重めギヤで体重を使う意識で。
この辺になると我慢大会。
フォームだけは崩さないよう気をつけて向かい風区間へ、追い風で進まなかったのに向かい風はしっかり戻される。(笑)

そんな事を考えていたら後ろから気配が、MATRIXの佐野選手でした。
明らかに重いギアをゴリゴリ踏んでました。そして当たり前ですが速い。

ちょっと気が紛れて後半へ、最後の力を振り絞りがんばる。
最後は1周目のニールプライドの選手に抜かれて追いついた所でゴールの狭い区間になってしまい、追い込みきれずゴール。

3周目タイム 7′40チョイ。2周目を若干抑えたので3周目はそこまで垂れずに耐えられた。

総括
苦しすぎる、そしてパワーが足りない。(笑)
マジメな話、タイムトライアルといえどケイデンスと心拍のバランスは上手く使い分けた方がよさそう。
前半はケイデンス高めで脚は温存気味。後半は重いギアを踏んでいく方がペースを刻みやすいかも?

ペースは今日のコンディションなら7′30″ペースを刻むのが最良だったと思う。

タイムトライアルは難しいけど、面白さもありますね。
来年出たら、今年よりも30秒短縮が目標かな?

満足できるタイムではありませんでしたが、追い込む感覚はしっかりつかめました。
次戦前橋、クリテ、HC、チームポイントに貢献できるようがんばります。
応援よろしくお願いします。

仕様機材 、装備
ウエア:WaveOne
ヘルメット:オージーケーカブト KOOFU WG-1
ソックス:RxL 武田レッグウェア TBK-500R
ケミカル類:WAKO’S

サポート
パシフィックスポーツプラザ
ツナカワサイクル
SUCCEED
ホンダテクノフォート
Ad One

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ

アドワン