» 2016年9月11日(日)JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ 平野のレポート

RACE RESULT & REPORTレース予定 & レポート

2016.09.17 2016年9月11日(日)JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ 平野のレポート

2016/9/11
第6回 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ
結果: 67位/78名出走?
23分27秒(7:46/7:51/7:48)
hiro
以前出た時はたしかブラウ時代(2012年)だったので、もう4 年前になる。
当時の記録は7分53秒、この時はたしか前も見えないくらいの土砂降りだった。

とくにTTが得意でもないし、TTバイクもないけど、赤城以降へ向けての調整も兼ねて出走することにした。

出るからには全力で!
前日にFarna PROをTT仕様に組み換え。

ステムを130mm→90mmにして、ハンドルをめいいっぱいさげて、サドルはちょっと奮発してadamoを投入!
試乗したらサドルの感触はかなりいい感じ。
重さはあるけど、前乗りになった時に安定感は特筆もの。
サドルを支点にしてペダリングするので、やっぱりサドルは重要だと改めて思った。

当日は試走したかったので8:30には現地入り。

3周程試走する。
コースはタイトなコーナーは1箇所だけ、橋の手前の直角コーナーのみ。
あとは全てDHバーのままでOK。
橋を曲がった後のみ少し向かい風だが、あとは特に気にならない。

コーダイにエアロヘルを、直前でツヨシにDISKホイールを借りる。
ありがたい。

14:21スタートなので時間にはかなり余裕があり、ゆっくりとアップできた。

14:21にスタート。
スタート台があるので、テンションが上がる。
1分30秒差スタートなので前は全く見えず。
コース上では時間差スタートでいろいろな選手が走っているので、できれば自分より少し早い人が前にいてくれれば、ニンジン効果でありがたいんだけど。

と思っていたら、かなり離れているけどブラーゼンの選手を発見。
視界にとらえ、追っていく。が、すごい勢いで離れていく。。

やっぱりおれって遅いのか?、と思いながらも、集中力を切らさないようがんばる。
2周目の橋前の直角コーナー過ぎた時点で後ろをちらりと確認。
さすがに追いついてこないよな?とか思いながら。

2周目おさえて、3周目はがんばろうと思ってギアを1つあげるが、橋の前で後続から追い抜かれた。。
TTでラップされるのは「遅い!」と言われているようでかなりへこむが、とにかく必死に最後まで踏み込む。

ゴール後結果をみると予想に違わないタイム・・・赤城に向けて調子上げていかなきゃ。

次戦、赤城HC、クライマーとしてはがんばりどころです。
結果を残せるよう全力で走ります。
応援よろしくお願いします。

仕様機材 、装備
フレーム:KhodaaBloom Farna PRO
ウエア:WaveOne
ヘルメット:オージーケーカブト KOOFU WG-1
ソックス:RxL 武田レッグウェア TBK-500R
ケミカル類:WAKO’S

サポート
パシフィックスポーツプラザ
ツナカワサイクル
SUCCEED
ホンダテクノフォート
Ad One

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ

アドワン