» 2016年4月3日、東日本チャレンジロードレース、クライマー平野のレポート

RACE RESULT & REPORTレース予定 & レポート

2016.04.08 2016年4月3日、東日本チャレンジロードレース、クライマー平野のレポート

2016/4/3
チャレンジロード
4月はレースが続く重要な月なので、体に刺激を入れるためにもチャレンジロードに出場してきました。
目標は30位以内でゴールし全日本選手権出場資格を取ること。
結果は47位/93名
去年は完走すらできなかったので、今年は少しは強くなっていると前向きに考えています。
コースは伊豆CSCの正回り。
走ったことがある人は分かると思いますが、ここは上りと下りしかなくアタックをしなくても勝手に人数が 絞られていくサバイバルコース。
心配していた天気もなんとか持ちこたえて路面はドライ。
特にテクニカルなコースではないものの、1コーナーと2号橋手前のコーナーは速度がかなり乗るため、ここでびびってラインを外してしまうと無駄に脚を使ってしまう。
スタートして先頭はブリッツェン、右京が上げている。
ひたすら耐えるのみ。いつものことだが、スタート直後のみんな脚がフレッシュな時は集団の中で位置を下げてしまう。
ここは意識して変えていかないといけない課題。
集団前方に位置しないとスピードの変化が激しく、無駄な動きが多くなってしまうし、レースがどう動いているか全く分からない。
下り前に集団から切れた時点でレースは終わってしまうので、下り手前で集団から切れないことだけに集中する。
下りはドラフティングが効くので、脚を休められる。
2周目から徐々に集団が縦に伸びてくる。ぽつぽつと中切れが発生していて、自分も遅れてしまう。
ここで前の集団にブリッジする脚があればいいのだが踏めない。踏んでも加速が鈍い。おれ、弱いな。。

気持を切り替え、完走を目指す。
ちょうど同じ位置で切れた10人程度で回す。
きれいに回っているわけではないけが、それなりのペースで進む。
上りはマイペースで、下りはローテーションを回してを意識していたけど下りはうまくローテーションが回ってなかった。
自分も最初はローテーションに入っていたけど、みんな下りは前を引きたがらない。
確かに後は楽だけど、下りでローテを回さないとどんどん差が広がってしまう。
ちょっとつらかったけど、意識して下りで前を引くようにした。
4周目の秀峰亭手前で4人の集団に追い付く。チームの河合さんもここにいた。
このままいけば確実に追いつくペースなので、極力脚を使わないように無理せず無事合流したと思ったら。。
なんとここで赤旗中断。他カテゴリーのレースで落車があった模様。
これにより1時間程度、レースがストップしてしまう。
まぁ、不可抗力でどうしようもないことだけど、これで一気にテンションダウン。
しかしせっかくのレースだし、最後まで全力を出し切りたかったので休憩中に補給をしっかりしておく。
再スタートは秀峰亭の通過タイムで時間差スタート。
先頭集団はさすがに強いチームの人はきっちり残っている。40人くらいか?
コンチだけでなく、クラブチームの社会人の方もしっかり残っている。
自分もここに残れる力が欲しい。
自分は第3集団。先頭がスタートして2分後に再スタート。
再スタートは5.5周。なんとかここを走りきらないとと思い集中する。
しかし、脚が重い。前半の4周でかなり乳酸がたまっているようだ。
これではほとんど先頭を引くことはできないので、とにかく我慢の走りに徹する。
チームの河合さんは元気いっぱい。ちょくちょくかかるペースアップにも反応しているし、上り、下りと先頭も引いている。
自分も脚があれば協調したかったが、そんなことしたら即切れ必至なのでとにかく集団から切れないように我慢の走り。
下りに入る前には確実に集団に入る、下りでは脚を回復させることにとにかく集中した。
そのかいあってラスト一周までなんとかこの集団で粘ることができた。
1コーナー終わっての上りで奈良さんがするするっと上っていく。
この動きは見えてたし、これは決まるなっと思っていたが残念ながら脚が終わっていました。
河合さんはこの動きにきっちり反応して、そのまま4人まとまって行ってしまった。
あとは練習と思い、緩めず、それなりの速度で前を追う。一緒に遅れたナルシマの方と下りで合流するも付ききれず置いていかれた。
へろへろになりながら単独ゴール。
もちろん、納得できる結果ではないけどコンディションは確実に上がってきているので次の伊吹山でもベストをつくします!

仕様機材 、装備
フレーム:KhodaaBloom Farna PRO
ウエア:WaveOne
ヘルメット:オージーケーカブト KOOFU WG-1
アイウェア:オージーケーカブト CORAZZA-II
ソックス:RxL 武田レッグウェア TBK-500R
ケミカル類:WAKO’S
日焼け止め:Aggressive Design “Top Athlete Sun Protect Fighter”

サポート
パシフィックスポーツプラザ
ツナカワサイクル
SUCCEED
ホンダテクノフォート
Ad One

 

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ

アドワン