» 第2回 JBCF 大⽥原クリテリウム リザルト

NEWSニュース

2018.07.31 第2回 JBCF 大⽥原クリテリウム リザルト

落車などあり、難しいレース展開でしたが、水間が健闘しました。
その水間のレポートが届いています。

リザルト
水間 20位
小泉 26位
阿部 38位
野宮、、平塚 DNS

引き続き応援よろしくお願いします!!

水間のレポート

1周2.5kmのシンプルな長方形のコースにて22周で開催された。

昨年は集団真ん中で、内側よりをずっと走って後半辛くなったので、今年は外側キープで楽な位置を探しながら足を温存して、後半で位置をあげる方針で臨んだ。

レースがスタートし、序盤こそハイペースだったが、7周程度で逃げが容認され、落ち着いたペースに。

落ち着いたタイミングで中切れはほとんど起きないと踏んで、後ろ目の位置で前の状況を見つつ待機。

最終スプリントポイントの後、緩んだタイミングで前に上がる予定で、それまでは極力足を使わない容認走る。

17周目ぐらいのタイミングで、団子状態になったので、先頭付近まで上がる。

逃げは入れ替わりで、数名出ており、ブリッツェンが集団をコントロールしている。

逃げを捕まえて、もう一段ペースが上がりそうだったので、位置を落とすと上がり直せないと思い、足を使ってでも極力前をキープ。

予想が当たり、ずっと早いペースになり、最終周は集団が伸びっぱなし。
15番手前後をキープしていたので、着ポイントのチャンスと感じ、何とか耐える。

裏ストレートでブラーゼンの下島くんが横に来たので、列に入れると、4人ぐらい雪崩れ込まれた。。(失敗した)

微妙な位置になり、そのまま最終コーナーへ。

最後のコーナーとあってすごい勢いで入って行く。
すると、前でガッシャーンと嫌な音がして、自分の走っていたラインで落車が発生。

何とか交せたが、失速した分でいくつかポジションを落とし、そのままゴール。

微妙な位置でしたが、20位に入り、初の着ポイントを獲得できました。

失敗したところは改善し、後半戦でも今回以上の結果を目標に頑張ります!

公式リザルト:
第2回 JBCF 大⽥原クリテリウム

bnr_khodaabloom
パシフィックスポーツプラザ
ウェイブワン
Kabuto
RxL
株式会社サクシード
ツナカワサイクル
株式会社ホンダテクノフォート
ワコーズ

OUR SPONSOR

コーダブルーム

パシフィックスポーツプラザ

ウェーブワン

オージーケーカブト

Rxl 武田レッグウェアー

サクシード

アスリチューン

ツナカワサイクル

HTFT ホンダテクノフォート

ワコーズ